まいにちウワハゲ

Peking Univ ⇄ Keio Univ ⇄ Seoul National Univ

中小企業が売り出した 防弾少年団 が米ビルボードから絶賛されるほどの人気になった要因を分析

 

こんにちは〜

ところで、人気者になりたいですよね?

私はなりたいです

 

そういうわけで

自分は人気がある物に対して

かなり執着して観察を続ける癖があるんですが

 

みてください

 

f:id:sayakasumi382:20170316233143j:plain

地面の写真

こんなに他人に気に入ってもらえることあります?

 

これは

防弾少年団のアカウント

f:id:sayakasumi382:20170316165357j:plain

 

防弾少年団は中小事務所出身で

基本、中小企業から売り出されるグループは

トレーニング費用然り、楽曲・MV製作費に

お金がかけられない故に埋もれてしまう事が多いのですが

 

◼︎ ビルボードコラム

f:id:sayakasumi382:20170316213756j:plain

『WINGS』はメンバー別の多様性の発現と共に、自身たちの成長を遂げるために努力するすべてのグループに良いお手本になるアルバムだ。防弾少年団の世界的なブームに疑問を呈する人がいれば、『WINGS』を聴いてもらうのが本質的に明確な答えになるだろう。 

だってよ

 

彼らは韓国人歌手史上初となる

ビルボード200チャートで26位

なぜ中小企業がここまでの成功例を出せたのか

気になってしかいなかったので

グループの人気が出るまでの経緯を調べてみました

 

f:id:sayakasumi382:20170316220151j:plain

◼︎グループコンセプト

若者の代弁者 

◼︎特徴

アルバムごとに設定するコンセプト

にストーリー展開を持たせる 

 

f:id:sayakasumi382:20170316183857p:plain

▼ アルバムコンセプトの移行

グレー期間

10代に受ける抑圧からの解放

f:id:sayakasumi382:20170316170056j:plain

すれ違った瞬間に

聞こえるようにブスって言ってそうオーラ半端ない

青期間

青春の儚さと美しさ、そこに共存する危さ

f:id:sayakasumi382:20170316171014j:plain

確かに危ない

一番多感な時期に赤点ばっかとって精神病んで

誤ってBLに目覚る人多い

赤期間

誘惑との葛藤、成長

f:id:sayakasumi382:20170316192619j:plain

もう少年団って名前改名した方がいい

 

▼ 売り上げとコンセプトの関係

f:id:sayakasumi382:20170316225316p:plain 

たった3年とかで

 

f:id:sayakasumi382:20170316194328g:plain

f:id:sayakasumi382:20170316194656g:plain

f:id:sayakasumi382:20170316193952g:plain

会社の代表死んだのかよ

ってぐらい変化してますが

(CD売り上げも29.7倍に)

この、時代のニーズを敏感に読み取って

変化していくところに人気が爆発した理由があるのかと

  

▼ 売り上げとコンセプトの関係 詳細 

グレー期間  

10代に受ける抑圧からの解放

 

f:id:sayakasumi382:20170316193132p:plain

音楽性・ダンスが上手いことを売りとする

まあまあよくいるボーイズグループ

10代独特の心の葛藤や恋愛について歌った曲が多い

 

「女は最高のプレゼントだぜ!」って言ってた

↓ 

青期間

青春の儚さと美しさ、そこに共存する危なさ

f:id:sayakasumi382:20170316193052p:plain

ここで一気にファン爆発

共感しやすく分かりやすいコンセプト」

を設定したことで

他ボーイズグループとの差別化に成功

 

「女は最高のプレゼントだぜ!」から一転

「僕を救い出して、独りにしないで」

「朽ちていく前に君の愛が欲しいんだ」系の歌詞が多く非常に身勝手。

赤期間

誘惑との葛藤、成長

 

f:id:sayakasumi382:20170316193012p:plain

アートコンセプトにも力を入れだし

世界中から注目されるように

もう少年団要素が微塵も残っていない

 


因みにグレーから青にかけては

会社のマーケティング力がかなり助けになっていたが

青から赤、正確には2016年に出したアルバムから

メンバー達の実力が一人歩きして人気を引っ張っていってる感が強いです

もう会社のマーケティングどうこうの話ではなくなった...

 

最後に

でもやっぱり

マーケティングってでかいですよね

最初にターゲット層を明確にして

その層が共感しやすいコンセプトを設定

周りとの差別化ができたのは神業だった..

あと名前のダサさ

 

というか

こんなこと調べてたら4時間経ってた

まじで何に使うのこのデータ

はあ...勉強しよう....