まいにちウワハゲ

Peking Univ ⇄ Keio Univ ⇄ Seoul National Univ

【感想】映画「LA LA LAND」は夢が明確な人こそ絶対に見ない方がいいと思った

 

こんにちはㅎㅎ

後腐れがなくて軽くて綺麗な映画観たいなあ

と思っていたところ丁度上映していたので

f:id:sayakasumi382:20170329171750j:plain

映画「LA LA LAND」を観たんですけど

他人と一緒に観たことが

壮大なトラウマとなりました

私はもう一生、人と映画を見たくない

一生誘わないでほしい

 

正直 この映画は

夢をもつ男女が

f:id:sayakasumi382:20170329172339j:plain

踊って

f:id:sayakasumi382:20170329172405j:plain

踊って

f:id:sayakasumi382:20170329172555p:plain

キスして

f:id:sayakasumi382:20170329173027j:plain

踊る

f:id:sayakasumi382:20170329172607j:plain

これぐらいの軽さ

だと思っていたんですけど

 

全然違いますよ

まあ、全然違わないこともないんですけど

 

映画って観る時期によって

刺さり方や感じ方が大分変わるので

20歳のこの時期に観たのが悪かっただけかもしれないですけど

 

最近、ドラマ 「カルテット」で

好きなことを趣味にできたら幸せだけど

夢にしたら泥沼

というセリフを聞いたんですが私はこの見解に微塵も共感できず

好きな事と真剣に向き合わないで

ごまかしながら生きる方が

常に虚しさと後悔が付きまとう分、辛いと思うんですよね

 

そして、この映画は

好きな事を夢にして、その夢を実現しようと奮闘する姿を描いたものなんですが

夢を実現する過程における

登場人物達の心理描写が繊細で感情移入しやすく

映画終了後も座って暫く号泣してる人が沢山いました

 

個人的には

夢を実現するために努力中の人は観ない方がいいかと..

なんというか励まされるというよりも

良くも悪くも現実を再認識させられる

 

以下、沢山の人の共感を誘い

号泣に追い込んだ要因をまとめました

「頑張る」それ自体に、全く価値がない問題 

f:id:sayakasumi382:20170329181505p:plain

誰しも思い込みたくなりがちな

「 頑張ってる=偉い 」

ですが、どれほど主観的に頑張って自分をすりへらしても

盲目的に努力する

だけでは結果に繋がりにくい

 

結果に繋げるには

努力の量じゃなくて効率じゃないですか

あとは、努力の方向を間違わないように頭を使う事

効率良く、正しい方向に努力をしないと

頑張っていても一生結果が出ないわけで

頑張るのは当たり前で、

そんなの他人に評価してもらうものではなく

その上で、頭を使って思考錯誤して苦しむわけで

 

さらにその苦しんでいる過程で

仮説→検証 を回すのが遅い

そもそも仮説自体の設定を間違っている

自分には考える力すらない

このまま続けても一生目標達成できないかも,諦めた方がいいのでは?

などの考えや不安が生じて

気づかないうちに

「考える」と「悩む」を混同してしまう..

近しい人の成功を横目に、泥臭く努力を続けるも報われない辛さ

f:id:sayakasumi382:20170329181919p:plain

自分の行動が微塵も結果に結びつかない横で

同期の成功を見せつけられ、同期と自分の違いを分析するものの

いまいち解らんなんだこれ

みたいな辛さ

 

当然、成功には

運や先天的な才能なども影響するので

自分の横でポンポンステップアップしていく同期を横目に

運や才能に恵まれなかった場合は、

しっかりそれを受け止めて、補うように努力を継続しなければならない...ツラ

目標達成には様々な犠牲が伴う

f:id:sayakasumi382:20170329182044j:plain

短期間で結果を出すには

物事に優先順位をつけて時間を投資しないといけないわけで

目標達成のために時間を費やす分

家族と会話する時間、友達と遊ぶ時間など

犠牲にするものは多いかと

 

もちろん

陸上部を高三まで続けながら、彼女とのデートの時間も確保して

現役で東大に合格する高校生とか

様々な事を両立しながら

結果を出せる器用な人間が存在するのも事実ですが

私を含む大多数の人間は

何かを本気で成し遂げたい時には、何かを諦めなければならない

そういった感情を経験済みだと思うので..

まとめ

映画「LA LA LAND」

は夢を追う人を励ますような映画では決してないです

むしろ紆余曲折を経験し終えた老後に

あ〜あの時はこんな事があって

こういう感情で.....

みたいに振り返る方が精神衛生上良いです

(映画館に老人の割合超多かった)

 

逆に、あまり夢や目標が明確でない人は

音楽的にも映像的にも素晴らしく

ちょっとした旅行気分も味わえるので

かなり、おすすめの映画です!

以上!長文でしたが、ここまで読んでくださった人がいたら私は感謝します🙇